アメリカに住んだら太るのか?

 

アメリカに来て5~10キロ太った!なんて話はよく聞きますよね。
実際、アメリカで生活するとみんな太るのでしょうか?

今回は、アメリカでなんで太るのか、どうすれば太らないのか、考えてみます!

 

肥満大国のアメリカと言われる理由

1. ファストフードが身近すぎる

 

一番安価で、チップを払う必要もなく、気軽に行ける飲食店といえば
ファストフードなんですよね。

手軽に食べれるヘルシーなお店もあることにはありますが
例えばショッピングモールにいって何か食べよう!と
フードコートに行くと、ほとんど不健康なファストフード店ばかり。

特にファストフードから逃げられないと思ったのは、
ロードトリップをしているとき!

義理の家族の実家へ帰省するため、車で13時間のロードトリップをした際
目的地にできるだけ早く到着するために、食事は高速道路からすぐ近くの場所で‥となると
立ち寄れるのはファストフード店しかありません。

田舎に行けば行くほど、ファストフードしか選択肢がないと思います。

 

2. 車移動が多く、歩く習慣が少ない

 

これに関しては、住んでいる地域によりますが
アメリカのほとんどの場所では、車がなければ生活できません。

わたしが住んでいるワシントンDCエリアでは、歩く機会は多いです。
車は何かと必要ですが、なくてもなんとかなります。
そんなエリアはアメリカでもめずらしいです。

車なしでは生活出来ないエリアでは、
もはや歩道も整備されていないところもあって、歩いている人も見かけません。

歩いていたら犯罪に巻き込まれて危ない!というエリアもあります。

意識的に散歩や運動に行く時以外、一日の歩く時間が少なくなってしまいます。

店から店への移動も車を運転していくので、
気がついたら全然今日全然歩かないで終わった、、なんてことが。

自ずと一日の運動量も減って、太ることにつながってしまいますね‥。

 

3. 甘い飲み物にあふれている

 

食事とともにレストランで注文できる飲み物は、
大体コーラなどのソーダ類や、あまーいアイスティーなど。

甘くないものは、無糖のティーや水くらいでしょうか。

モールなどで見かける自動販売機も、ソーダ類や水しかありません。

日本だったら、お茶の種類がたくさんあるのに!

 

4. 砂糖、脂肪分が多い食事

 

アメリカのお菓子や、ケーキなどはとにかく甘い!
日本人の味覚には甘すぎると感じます。

食事にも、砂糖が入った甘い味付けや、フライにすることが
好まれるので、その分簡単にカロリーオーバーしてしまいます。

また、サラダなどは人気ですが、ドレッシングがヘルシーとは言えない物もあります。

意識して健康的な食事をしないと、日本にいた時よりも摂取するカロリーが高くなりがちです。

 

太らないためには?

1. できるだけ自炊する

 

もし留学中で、ホームステイをしているなら毎日自炊をすることは
むずかしいかもしれませんね。

でも、ホストファミリーと相談して、週末は自分で作るなどと決めるのはどうでしょうか。

週に何回か和食を作って食べる、ベジタリアンミールにしてみる、など
カロリーをリセットできる日をつくるのは大切だと思います。

栄養面でも、アメリカの食事は偏りがちなので、足りていない栄養素を補う目的でも!

わたしは、家で毎日、日本食や韓国料理を作りますが、
アメリカ人の夫は魚を好んで食べないので
最低でも週に一回は魚を食べる日を作っています。

 

2. ジムを活用

 

アメリカは日本よりも、ジムへのアクセスが良いと思います。

アパートや寮にジムがついていたり、一軒家でも、コミュニティープールや
ジムが集合住宅エリアにあったりします。便利ですよね。

また、民間のジムも日本のように決まった期間で契約しなくても
10回のパスを購入、1ヶ月だけ行き放題などと、期間に縛られないので
気軽に行くことができます。

値段も、安いところだと月額$10〜の場所もあります。(年会費別)

日本よりも気軽にアクセスできるジムを活用して、運動不足を解消するのはおすすめです!

 

3. ヘルシーなスナックを選ぶ!

 

想像通り、アメリカには不健康なあまーい、味の濃いスナックが多いんですが

ドライフルーツや、ライスクラッカー、ナッツなど
ヘルシーなチョイスも探すと結構あります!

ドライフルーツに関しては、トレーダージョーズがとてもおすすめです。
日本より安価で、たくさん入っていて、種類も豊富です。

 

4. レストランやファストフード店でソーダは頼まない

 

アメリカに来てから、格段に水と炭酸水を飲むことが多くなりました。

というのも、特にレストランに行くと飲み物のチョイスが
大体ソーダやアイスティーなので、だったら水で、という感じになりました。

飲み物をゼロカロリーのものにするだけで、トータルカロリーが抑えられるので
外食時に甘い飲み物を選ばないようにするだけでもちがうと思います。

また、わたしは炭酸水が苦手だったのですが
日本では見たことがないフレーバーに出会って、はまってしました!

中でも、Giantというスーパーの自社ブランドの炭酸水が安くて美味しく、
お気に入りです。

ライム×レモン味、バニラ味、マンゴー味、オレンジ味など種類がたくさん。

砂糖は一切なく、ナチュラルなフレーバーだけですが
味のない炭酸水より飲みやすく、ジュース感覚で飲んでいます。

なのに、ゼロカロリーなのがうれしい!

 

 


 

 

アメリカは、太ってしまう条件が揃っている環境ではあると思います。

しかし、アメリカにいながら太らないようにすることは可能です!

特に歩かない分、運動量が日本にいる時より減ってしまうことは
健康にも悪いので、意識して運動を取り入れていきたいですね。

タイトルとURLをコピーしました