悪性リンパ腫の抗がん剤治療 1回目(アメリカ)

 

現在、悪性リンパ腫のホジキンリンパ腫という
がんの治療をアメリカで行っています。
一回目の治療の流れについて書きとめておきたいと思います。

 

抗がん剤の種類

 

一口に抗がん剤といっても、がんの種類によって使う薬剤も
組み合わせもさまざまですが
ホジキンリンパ腫という種類のがんを治療しているので
ABVDという抗がん剤を使っています。

ドキソルビシン,ブレオマイシン, ビンブラスチン,ダカルバジンの
4つの薬剤の頭文字をとったのがABVDです。

 

持ち物、準備

 

準備は特にありませんが、抗がん剤中に気持ちわるく
なることはないけど、食事はきちんと取ってきてと
言われていたので、家を出るまえに和食を食べました!

 

持ち物は、ピクニックにいくのかな〜というほど
大荷物でいきました、、(笑)

  • 処方された薬(ポートにつける麻酔クリーム、吐き気どめ)
  • 痛み止め、下痢止め(ドクターに市販で買うように勧められた)
  • CBDオイル(気分がさがらないように、、)
  • 除菌ジェル
  • おかし(もっと持っていけばよかった)
  • 水ボトル 1リットル(もっと持っていけばよかった)
  • 上着
  • ブランケット(ふつうに言えばあったかいブランケットくれました)
  • キンドル
  • 充電器
  • 事前にもらっていた治療についてなど書かれたブックレット
  • CVポートカード(自分のCVポートの詳細情報が書かれたカード)
  • 保険カード
  • 身分証明書

 

予想以上におなかがすいたので、軽い食べ物を今度は
持っていこうと思います。

 

初回の抗がん剤治療日

 

わたしの場合は、4サイクルとりあえず行う予定でいます。
1サイクル=(二週間に1回)×2回 なので月に2回隔週で行われます。

 

わたしは毎回、1時からの予約で、だいたい4時間のスケジュールで行われます。

抗がん剤治療前に、同じがんセンターにあるオフィスに行って

ポートアクセスという、CVポートから採血をしたり
針をさす準備を事前に済ませなければならないのですが
連絡ミスでそれを知らされておらず、初回は少し時間が
かかってしまいました。

なので結局スタートしたのは2時くらいになってしまいました!

 

治療を受ける前に、体重、体温、血圧、脈拍をはかりました。

そのあとは、個室に通され、お菓子とか飲み物とかいる?と聞かれ
リクライニングチェアーに座ってまったりしました。

 

まさか、個室だと思わなかったのでとっても快適でした!

 

他の患者さんは個室ではなく、イスが並べられているところで
治療を受けているひとも多かったので
これは治療法によるのか、それともたまたまその日だけ
わたしは個室だったのか‥なぞですね。

 

リクライニングチェアは、ヒーターがついていて、マッサージ機能も
あるようでしたが壊れていて使えなくてざんねん、、!

 

抗がん剤に入る前に、たしか3種類ほどの吐き気どめと
ステロイドを点滴されました。Tylenolも二錠飲みました。

新しく薬を投与するたび、投与前に
薬の名前、自分の生年月日、名前を確認されます。
まちがった薬を使ってしまったら大変ですもんね。

 

2番目くらいに使った吐き気どめの薬剤がつよすぎて
強い眠気と、座っているのにめまいがしてきて
目をつぶってないといられませんでした。

しかし、15分から20分ほど経つと治りました!

 

とにかく、点滴中はトイレに何度もいきました。
薬剤を出すことが大事なので水もたくさん飲みました。

 

いろいろな点滴をどんどん入れていくのですが
CVポートのおかげでとっても楽!

トイレにいくのにも腕に点滴がつながっていないので
両手が空くのはよかったですよ。

 

そして、2つ目の抗がん剤投与が始まったあたりから、
急に体が熱くなってきました。。汗もうっすら。

ナースに言うと、ほてりがあるの?と言われ、
これはほてりというのか、と思いました(笑)

 

そして、3番目の抗がん剤を入れてから
動悸がしてきたので、ナースに言うと
バイタルをはかってくれ、心臓の音、呼吸の音を聞いて
少し様子を見ることになりました。

 

アメリカだけど意外と慎重にやってくれるんだなと思って
安心しました、、(笑)
これだけ病院にお世話になっているのでわかったのですが
いつもは雑なところもあるアメリカですが、
医療に関してはとても、とても慎重だと思います。

 

いや、でもCVポートの手術後の対応はひどかったな‥

 

今回でた薬剤への反応は、
これからの治療に引きつげるようにメモに残してくれていました。

 

初回担当してくれたナースがすごくやさしいおばちゃん
だったので、毎回この人ではないのか〜と思うと
ざんねんな気持ちでしたが、、!

 

そんなこんなで、あっというまに4時間が終わりました。

 

治療の時間潰しのために、はりきってキンドルを買ったり
愛の不時着を見返そう〜と準備してたのに
なんにもしないで治療が終わりました(笑)

 

いったい何をしてたんだろう?
とりあえずお菓子を食べていましたね。。

 

 

 


 

 

こんな感じで、リラックスな雰囲気で抗がん剤治療は
行われました。

とにかく、時間が長いので時間をつぶせるアイテムを
持ってきたり、つまめる好きなお菓子などがあると
快適に過ごせると思います!

 

次は、一回目の治療後にでた副作用について書きたいと思います。

 

 

タイトルとURLをコピーしました