【セルフ眉毛脱色】Sally Hansen クリームヘアブリーチ

 

先日、セルフで眉毛をブリーチするのに
体用の脱色クリームが使える!ということを知りました。

特に、髪が明かるいわけでもないし眉毛ブリーチをする発想はなかったのですが
すこし毛質をやわらかくしてみたいなあ~と思い、使ってみました!

アメリカで手に入り、有名そうだったのが

– JOLEN Creme Bleach
– Sally Hansen Cream hair Bleach

この2つで、お店にサリーハンセンの物しか置いてなかったのでそれを購入しました。

 

 

パッケージ/中身はこんなかんじ

 

サリーハンセンのクリームブリーチはこのようなパッケージです!
わたしは、ウォルマートで購入しました。$6しないくらいでした。

 

ウォルマートで最近安くていいものを発見することにはまってます。
また今度ウォルマートのおすすめも紹介したいです。

 

中には、

 

・クリームヘアブリーチのチューブ
・プレコンディショナー
・アクティベーター
・メジャー付きのカップ
・ヘラ

が中に入っていました。

 

外国あるあるですが、箱を開けたらいきなり付属品が入っている状態だったので

せめて箱にテープくらい貼ってほしいな‥!と、思いつつ
念のため、使われていないかや、カップやヘラに汚れはないかをチェックしました。

 

使用方法

 

使う前に、パッチテストをすることをおすすめします!
わたしは、アメリカに来て大分肌が弱くなっていたので、使用感をまず確認しました。

 

パッチテストの方法
  1. ブリーチする箇所をソープを使って洗い、乾かす
  2. ひじの内側の、1インチ四方ほどのエリアに、プレコンディショナーをコットンに含ませて塗る
  3. クリームとアクティベータ―を混ぜる(詳しい説明は次に)
  4. プレコンディショナーを塗った箇所に、混ぜたクリームを塗り、10分置く
  5. 水で洗い流す
  6. 24時間待って、赤み、刺激、発疹などが出なければOK

 

使用方法

  1. ブリーチしたい箇所を洗う
  2. プレコンディショナーをコットンを使って塗り、しっかり乾かす
  3. プラスチックカップに、アクティベーターを5mlのところまで入れる
  4. クリームヘアブリーチは15mlのところまで入れて、スパチュラで平らにする
    (クリームを分量どおりにいれるのはむずかしかったです)
  5. よくまぜる
  6. スパチュラでブリーチしたい箇所に塗って、8分待つ
    (明るくなりすぎないように、適宜確認です!)
  7. スパチュラを使ってクリームを取り除いて色を確認

 

★. 途中で刺激を感じたらすぐにクリームを取り除いてください。

さきほどクリームヘアブリーチとアクティベーターを調合したものに、
再度クリームヘアブリーチだけを足してみて、またトライしてみてください。
それでも刺激があれば使用を中止しましょう!

★. 広範囲をブリーチする場合は、クリームヘアブリーチとアクティベータ―の分量をさきほどの
2倍(アクティベーター:10ml クリーム:30ml)にして混ぜます。

 

肌への刺激

 

パッチテストをして、見事に塗った部分だけ赤くなり
びっくりしましたが、しばらくすると赤みは消え、痛みもなかったです。

 

ということで、肌にできるだけ触れないようにすればいいと判断。
そして眉毛のまわりにワセリンを塗ってブリーチを行ったことでまったく赤みも出ず使えました。

個人差があるので、必ずパッチテストをし
ワセリンで肌を保護することもわすれないでくさだいね!

 

また、目の周りに使うので、目に入らないよう十分注意が必要です!
わたしは、目をカバーするためにラップを使いました(笑)

 

効果

 

今回は「毛質をやわらかくして、脱真っ黒!」が目的だったので
5、6分だけおきましたが、それだけでも効果がわかりました!

光の当たり具合によっては若干茶色に見えたり、
黒だけど以前より薄めの黒、といった仕上がりです。

 

あまり置きすぎると、色がばっちり抜けてしまうので
様子を見ながら行うのが安心ですね!
効果的に浸透させたい場合は、ラップなどでパックするといいかもしれません。

 

顔/身体用ヘアブリーチを使えばおうちで気軽に眉毛脱色ができます!
ぜひ試してみてはいかがでしょうか(^^)

 

 

タイトルとURLをコピーしました