【海外生活】ホームシックになった時の対処法

 

留学生活や、駐在生活、国際結婚など海外で生活する人の
理由はさまざま。海外生活が長くなってくると、
日本が恋しくなってしまうことがありますよね。

わたし自身、コロナとビザの関係、病気の治療で
日本に簡単に帰国できなくなってからかなりの頻度で
ホームシックになっています( ;  ; )

 

そんなときに実践していて、効果のある対処法をご紹介します!

 

【いちばん落ち着く!】日本食をつくる

 

特に欧米地域に住んでいると、本場の日本食を食べれる
場所は限られるかもしれませんね。
しかし現地のスーパーで買える食材を使って日本の味を再現することは可能です!

 

わたしの住んでいるアメリカだと、ローカルのスーパーでも
簡単な調味料はインターナショナルの食材の棚に置いてあります。

 

日系のスーパーでなくても、アジア系のスーパーが近くにあれば
醤油、みりん、だし、味噌、料理酒など基本的なものは揃うので
備えておけばいろいろと作れますよね!

 

 

  • カレー
  • 豚カツ ▷ パン粉 売ってること有
  • 味噌汁 ▷ 豆腐 売っていること有
  • 肉じゃが
  • 牛丼 ▷ サンドイッチ用の薄切り肉で代用
  • サーモンのホイル焼き
  • だし巻きたまご
  • からあげ
  • 親子丼
  • 豚の生姜焼き
  • お好み焼き

 

などなど、調味料さえ備えておけば意外といろいろできます。

わたしは日本食を食べるといちばん気持ちが落ち着くので、
とりあえずホームシックになったら作れそうな和食のレシピを調べて
買い出しにいきます!

 

おいしいスイーツを食べる

 

日本を離れて思うのは、日本のスイーツが食べたいということです(笑)
アメリカのスイーツは甘すぎて口に合わないことが多いです。

 

わたしの住んでいる地域には日系のお店が少ないのですが、
韓国系のベーカリーや、フランス系のペイストリーショップにいくと
日本のような繊細なスイーツがあって口に合います。

 

甘い物を食べるのはやはりストレス解消になりますし
幸せなきぶんにさせてくれます。

 

自分でお菓子作りをしてみるのも趣味としていいですよね。

お菓子作りはなんだかハードルが高そうなイメージですが
砂糖、小麦粉、卵、バターさえあれば作れるレシピが
たくさんインターネットに載っています。

なかなか手に入りにくい和菓子を手作りしてみるのも
日本の味を楽しめて良さそう。

 

本、映画、ドラマなどで日本語に触れる

 

ずっと外国語を使う環境にいるなかで日本語を聞くと、なんだか安心しますよね。

 

わたしはRakuten Vikiというサービスで日本のドラマを見てます。
月額5ドルほど〜で数年前の懐かしいドラマを見れるので楽しんでいます。

ただ韓国語の作品に比べると種類はそこまで多くなく、
新しい作品がなかなか更新されないので
一通りみたら解約しようかなと思っています(笑)

 

また、日本語で本を読むのもおすすめです。
海外では日本語の本は入手しづらいですが、キンドルがあれば
かんたんに電子書籍が買えます。(ありがたい時代!)

わたしは日本の家族がキンドルの読み放題プランに加入しているので
アカウントを共有させてもらって色々な本を手軽に読んでいます。
雑誌も読めるこのサービスは本当に貴重です!

 

日本の家族や友達と電話する

 

海外にいても、今は簡単にアプリで日本に電話ができる時代!
日本にいる家族や友人たちの声を聞けば、
物理的には離れていてもつながっているなあと実感できます。

 

わたしは、時々Zoomでお茶会しながら友人と話すのですが
よく日本で一緒に出かけていた時のような気分になれて好きです。
Zoom飲み会が一時期流行っていましたが、時差的にどちらかが
朝になってしまうので、お茶会にしています(笑)

 

メッセージでも簡単に連絡はできますが、たまには仲のいい人たちの
声を電話で聞いたり、顔を見てビデオ通話で話したりすると
実際に会って話しているかのように、心が満たされます。

 

趣味に没頭する

 

夢中になれるひとときは、マイナスなことを忘れさせてくれます。

 

わたしは日本にいた時、趣味といえばカフェや温泉巡り、
旅行だったのですが、いまは色々な意味でむずかしいので
ジムに行って運動をしたり、ヨガのクラスに行くことが趣味になりました。

 

ヨガやワークアウトは、家でもYoutube動画を見ながら手軽にできますし、
心身ともにリフレッシュできるのでおすすめです!

家でできる趣味のアイディア

  • お菓子作り
  • ヨガ、筋トレ
  • 塗り絵
  • 植物を育てる
  • 映画、ドラマ観賞
  • 絵を描く
  • 外国語の勉強
  • 読書
  • DIY/ハンドメイド
  • 楽器
  • ブログ

 

居住国だからこそできることを楽しむ

 

今住んでいる国の生活でいいところはなんでしょうか?
例をあげてみると少しだけ今の生活に対して前向きになれるかもしれません。

 

わたしのアメリカ生活で好きなところは
世界中の文化が気軽に楽しめるところ。

韓国やラテン系など、インターナショナルなスーパーに行って
おいしそうな物を探したり、中国系のスーパーで売られてる
お茶を試すのが旅行気分になれて好きです。

 

アメリカでは日本にいたときよりもアパートの部屋が広くて
施設が充実しているところもいいなと思います。
アパートのジムやプールを利用してアクティブに体を動かしてます。

運動をすることは心の健康にもよいですよね◎

 

居住国だからそこできることに目をむけて、
できることを楽しむことでホームシックへの気持ちが
少しは和らぐのではないでしょうか。

 


 

 

今回は、海外生活でホームシックになった時の対処法について紹介しました。

きっと海外生活が短くても、長くても
ホームシックを感じる時は何度か訪れると思います。

少しでも孤独感などのネガティブな気持ちが和らぐように、
常に心の声に耳を傾けセルフケアをしてあげましょう!

 

 

タイトルとURLをコピーしました