アメリカのアジア系スーパーでおすすめの食べ物

 

アメリカに住んでいると、日本の食材を求めにアジアスーパーへ
足を運ぶことも多いのではないでしょうか?

わたしの住む地域には、日本食スーパーがないので、韓国や中国のスーパーに
よくお世話になっています。

そこでも日本の調味料など基本的な物はたくさんそろっていますが
日本のものだとなぜか値段がたかめで、種類も少ないので

我が家にある食品系は、韓国や中華系のものが多いです。

今回は、きっとアジア系スーパーでよく目にする、おいしい食品たちをご紹介します!

 

軽く食べれるもの

中国、台湾のおもち (湯圓)

 

 

台湾の夜市でお気に入りの湯圓(タンユエン)の味がわすれられず、
アジアマーケットで探していたら冷凍コーナーで見つけました。

スーパーによって置いてあるメーカーが違うと思いますが、
個人的には、この中国のメーカーはいちばん黒ゴマソースをたっぷりと味わえるなと思いました。

ピーナッツや小豆味もありますが、黒ゴマのジュワーっと広がる
甘さがいちばん病みつきになります!おすすめです。

 

韓国のパンケーキ (ホットク)

 

 

HmartやLotteに行くと結構いろいろな種類のホットクが置いてあります。

中でも、このモッツァレラチーズの入ったミニホットクはお気に入りです!
チーズがほのかに甘いです。

 

台湾の朝食パンケーキ(蛋餅)

 

 

台湾の朝ごはんでよく食べられている、甘くないパンケーキのようなものです。
フライパンで温めて、チーズやコーン、ネギなどをいれて食べます。

なんでも合うので、おうちにある食材を入れてつくれます!

 

韓国のお米ジュース(アチムヘッサル)

 

 

シッケの一種だと思っていたのですが、まったく違う飲み物のようです。
これはお米でできたジュースで、まろやかな甘さです。

 

 

インスタントラーメン系

インドネシアのインスタントヌードル(Indo mie)

 

 

LAタイムズで世界1おいしいインスタント麺に選ばれたこともある、インドミー。
インドネシアの定番料理、ミーゴレンにつかわれます。

値段は5つ入りで$2.5ほどと、かなりリーズナブルなのですが、おいしいです。

麺を一度茹で、お湯を捨てて、付属のスパイスと混ぜることで、
エスニックな味わいのやきそばになります。

 

韓国のインスタントヌードル

 

韓国のインスタントヌードルは、日本とはまた違ったおいしさで
アメリカで手に入る種類も豊富!

個人的に好きなのは、ノグリ、キムチヌードル、チャワンのジャージャー麺
なのですが、全部よく考えたら「Nongshim(農心/농심)」というメーカーのでした!

Nongshimは辛ラーメンでおなじみの会社です。

基本食べたことがない韓国インスタントラーメンを選ぶときは、
有名な会社のものを選んでいます!

ノグリは、昆布だしがきいたラーメンで、麺が太めがうりです。
韓国でお友達に勧められてからずっと大好きなラーメンですが、
アメリカだとふつうのスーパーのアジアフードの棚にもあったりします。

よくよく思い出してみると、メイドインアメリカのノグリって
味がぜんぜんちがう!アメリカ人が食べやすいよう変えているんでしょうか。

本場と比べると、麺が細く、昆布のかわりにワカメフレークがはいっています。

また辛いのが苦手な方も、アメリカ版なら控えめという点で食べやすいです。

 

 

 

しっかりした食事

香港のワンタンメン(雲吞麵)

 

香港料理大好きなのですが、なかでもお気に入りは雲吞麺。
それがアメリカの自宅で食べれることには感動しました!

アジアスーパーの冷蔵コーナーによく、日本のうどんや
韓国のカルグクスなど、麺類が並んでいると思うのですが
そこに香港の雲吞麺も置いてあります。

スープは自分で作らなければなりませんが、
冷凍コーナーにある香港のワンタンをトッピングすれば
なかなか本場に近い味になるのではなると思います。

 

サムゲタン

 

 

冷凍でまるごと鶏一匹入っています。
これを袋ごと鍋で解凍してから、袋を開け、中身を鍋に出して再び煮るだけです!
塩をふればおいしいサムゲタンのできあがり、、なんて簡単。

セールで$8.99で、レストランで食べるより安く済むなと思って買ってみたら
おいしかったです。本場の味です。

 

 

 

わたしの地域では日本のものは手に入りにくいですが、
アジアのいいところどりをできて食事には困りません!

みなさんもアジアスーパーで見かける商品があれば、ぜひ試してみてくださいね(^^)

タイトルとURLをコピーしました